費用の説明

 

債務整理・破産・民事再生等の場合

*着手金・成功報酬は消費税抜きの値段です。これらの他に,実費等(収入印紙代,郵便切手代,謄写料,交通通信費,宿泊料,保証金,保管金,供託金その他委任事務処理に要する費用)が必要となります。
*こちらに記載した内容はあくまでも目安です。実際には,依頼者と相談の上,報酬契約を締結します。

事件の種類 報酬の種類 弁護士報酬の額
法律相談 相談料 1時間毎1万円(以後30分毎に5000円を加算)。
個人債務整理 着手金
報酬金
着手金は,1社のみの場合は4万円とし,2社以上の場合,2社目から1社につき2万円を追加するか,又は債務総額の3%相当額のいずれか大きい方とし,事情によっては分割払も可能。裁判を利用する場合、1社につき3万円を追加。

報酬金は,債務を減額した額の10%と,取り戻した額の20%割を合計した額。
債務弁済分割契約が成立した場合は,債務を減額した額の10%に一律1万円を追加。

報酬金は取り戻した金員からの支払いとなるが,取り戻し金員がない等の事情によっては分割払も可能 。
破産,
特別清算,
会社更生,
民事再生の
申立事件
着手金
報酬金
着手金は,
事業者の自己破産…100万円以上。
個人事業者の自己破産…50万円以上。
非事業者の自己破産…30万円以上。
事業者の民事再生…500万円以上。
個人事業者の民事再生…100万円以上。
非事業者の民事再生…50万円以上。
会社整理…200万円以上。
特別清算…200万円以上。
会社更生…1000万円以上。

報酬金は、
事業者・個人事業者の民事再生の場合、債務免除を得た額の5%を原則とし、再生計画実行期間中の分割払いとする。
その他の事件については、原則無しとするが,事案によっては協議により決定 。
出張日当 日当 半日…3万円以上5万円以下。
1日…5万円以上10万円以下。
(平成28年4月1日現在)

前ページへ戻る このページの先頭に戻る
アクセスマップ サイトマップ リンク集