取扱分野

 

取扱分野

離婚・子供の問題

■離婚

人生における最大の岐路ともいえる離婚問題。
「離婚をする」というだけでも、とても大きな決断で、精神的な負担や不安はとても大きいもの。 しかし、離婚する際には、親権、養育費、面接交渉、財産分与、不倫や暴力による慰謝料、離婚が成立するまでの婚姻費用など、決めなければならないことがとても多くあります。 また、相手方と直接話をするだけでも大きな精神的負担ですし、これまでの力関係によってうまく言いたいことを伝えられないことも多いものです。
弁護士と共に、離婚問題を解決していきましょう。


■離縁

養子縁組をしたけれど、事情があって養子縁組を解消したい。
法律には、離縁が認められる場合が定められています。 相手方との協議、それが整わない場合は家庭裁判所における調停、裁判。 あなたのお話を聞き、事情に合わせて、最も適切な方法を選びます。


■親権、面接交渉

子供に会えない状態が続いている場合、家庭裁判所において、相手方と子供との面接を求める調停を行い、 また、相手方が子供を手放さない場合は、子供の引渡しを求める調停や審判を行い、子供を引渡すよう命令してもらうことができます。
そして、いずれの場合も、裁判所における手続で定められたことを強制的に実現することもできます。


■養育費

離婚に際し、養育費を決めたい。
離婚後の子供の成長や事情の変化に伴い、養育費を増額してもらいたい。
そのような場合、将来の紛争を防止し、相手方の履行を確保してあなたの権利を守るため、相手方と交渉し、公正証書を作成したり、家庭裁判所における調停や審判等の手続において、合意をしなければなりません。
また、相手方が、養育費をちゃんと支払ってくれない場合。 相手方の財産を調査し、強制執行の手続を行い、強制的に養育費を回収することができます。


■教育の問題
いじめ、教師による体罰・暴力、不登校、学校事故、虐待・・・今、子供達の生活や権利はとても複雑で難しいものになってきています。
子供達が健やかに成長していける環境を作ることは、親・親族・社会の責任です。 弁護士として、学校等との交渉、情報の開示を通じ、子供達をめぐる様々な問題の解決に取り組んでいきます。
離婚・遺産分割等の場合
法律相談予約受付
前ページへ戻る このページの先頭に戻る
アクセスマップ サイトマップ リンク集 ENGLISH 日本語